取材希望のお店・企業を大募集中!!≫≫≫

彦根市にある『みんなの食堂』は、地域の思いやりが循環する優しさに溢れた場所

彦根市の花しょうぶ通りにある『循環型未来食堂 みんなの食堂』は、地域のみんなが食を通じて集う食堂です。「循環型未来食堂」とも言うように、地域の方や企業の思いやりが循環して成り立っている場であるなと随所に実感しました。そんなみんなの食堂は“地域の居場所”として、今日も営業されています。


みんなの食堂の外観。のれんがゆらゆら揺れています。


お店外にあるカレンダー

またお店外にはカレンダーが出ているので、その月のみんなの食堂の予定をチェックできます。みんなで作る「みんなの食堂」が、もっと地域のみんなが利用できるよう、今回紹介できればなと思います。それでは、潜入していきます!

循環型未来食堂 みんなの食堂


食堂内にある黒板には

みんなの食堂は食を通して地域のみんなと繋がる場であり、NPO法人「芹川の河童」さんが運営されています。ここでは地域の方たちがつくる手作りの定食やお弁当を販売。また「地域子ども文庫 みんな」という子供向けの絵本や児童書を貸し出していたり、月に一回「こども食堂 まに食堂」を開催したり、2階ではコワーキングスペースとして利用できたりとまさに地域のみんなに寄り添った場所。詳しくは参考ボタンからアクセスしてみてくださいね。

参考 ホーム花しょうぶ通り 第5ひこね街の駅MINNA

そんなみんなの食堂は、一体どんな様子なのでしょうか。お弁当が食べたい!ということで、今回はそのお弁当が並ぶ時間(11:30〜)に行ってみました。

食堂の様子


こじんまりとした店内で定食やお弁当が食べれます。

みんなの食堂は築100年の古民家を活用し、2020年3月22日にオープン。中にはテーブルと椅子が並べられていて、ここでご飯が食べられるようになっています。定食は700円(味噌汁とコーヒー付き)、お弁当は500円と値段もリーズナブルです。


野菜いっぱいの健康的なお弁当が並びます。

出来たお弁当は外からでも見えるように窓際に並べらていました。作られる定食やお弁当は、“1日店長”といって毎日作り手が変わるのが特徴です。今回は「かさねにっこりライフ」さんで、重ね煮という調理法を用いて作られたお弁当でした。お弁当については後ほど詳しく説明しますね。店長によって色や雰囲気が変わるので面白いですよ、とおっしゃっておられたのが印象的でした。


本や遊び道具なども。

月に一回程度、地域の子どもたちに向けた「子ども食堂」や、本の貸し出し・読み聞かせもあり、子どもたちが遊べるようなおもちゃなども置いていました。子どもから大人まで、みんなが集える場があるのは本当ステキなことですね。


手作りであろうアイロンビーズのキーホルダーなども発見。

恩送り券


壁に貼られたたくさんの恩送り券。

食堂の中を観察していると「恩送り券」というものも発見しました。これは1枚1000円で買ったチケットを食堂の壁に貼り付けておくと、別の誰かがもらって使うことができるシステム。みんなの食堂のもともとは、引きこもりの若者に対して自立支援活動をされていて、それが発展して今に至っています。地域の方たちの善意が、またこうして地域の方の居場所になって循環できる取り組みに感銘しました。

今回いただいたお弁当


「かさねにっこりライフ」さんのお弁当。

今回いただいた1日店長のお弁当は「かさねにっこりライフ」さんのもの。特徴は“重ね煮”という、砂糖も化学調味料も使わず、野菜が持っている自然の「うまみ」を最大限に引き出してくれる料理法のお弁当でした。どれも優しい味で、身体の内側から元気になってくるのが伝わってきました。(お弁当についてはテイクアウト記事からも参考にしてみてくださいね。)また使われる食材は彦根市の企業やフードバンクポストから提供されるものであったりと、地域のフードロスにも力を入れられています。


スーパー「パリヤ」さんで設置されているフードバンクポスト

フードバンクポストとは、賞味期限が一ヶ月以上あり、常温保存のできる未開封の食品やお菓子、飲料、雑貨等を地域の方から回収する取り組みです。彦根市のスーパー「パリヤ」さんの案内所横にも設置されています。食品のロスなく地域にも循環できるのが、素晴らしいなと思いました。(パリヤさんの記事はこちらから

イベント


花しょうぶ通りプレイベント「古米を美味しく食べよう!」

またイベントとして花しょうぶ通りでは「古米を美味しく食べよう!」というのをコンセプトに、みんなの食堂さんが古米を使って混ぜご飯のおにぎりといなり寿司を無料配布されていました。偶然通ったところこのようなイベントをされていて、ありがたくいただきました。みんなの食堂さんはイベントも多数されていて、お弁当の出張販売等もされているので、気になる方はぜひ公式ホームページなどをチェックしてみてださい。

アクセス

みんなの食堂がある河原1丁目は、「ふるあたらしいまちづくり」をコンセプトとした商店街の花しょうぶ通りがあり、観光にもおすすめのエリアです。

店舗情報

『循環型未来食堂 みんなの食堂』
住所:〒522−0083 彦根市河原1丁目2-7
営業時間:11:30~15:00 (LO14:30)売切次第終了
電話番号: 0749-20-9084
営業日:Instagramを参考にしてください。
お支払い方法:現金
駐車場なし

 

▼みんなの食堂の情報をチェック!
公式ホームページInstagram

関連記事

彦根市『みんなの食堂』のお弁当は1日店長によって毎回変わる個性が面白い!

ほかのお店記事

彦根市にある『Lepo(レポ)』はもちもちベーグルと淹れたてのコーヒーが自慢! 彦根市にある絵本専門店『チロル書房』は子供も大人も楽しめるとっておきの場所 彦根市の焼き菓子屋『gatto』は毎週金曜日オープン!幸せなお菓子がいっぱい!