【彦根市】『ゲストハウス無我』は古民家利用で来た人もホッとするおすすめな場所!

今回は、彦根市にある『ゲストハウス無我』という宿泊施設に潜入調査!近年では人との繋がりを生む場や地域の魅力を発信する場として“ゲストハウス”と総称して呼ばれることが多くなっています。その中で無我さんは本来のゲストハウスの意味付けである、バックパッカーなどのひとり旅行者向けの宿として彦根で唯一営んでおられます。


ゲストハウス無我の玄関。

今回はそんな無我さんに取材がてら遊びに行ってきました!またも無我さんワールドを堪能できてうれしかったです。(以前は宿泊で利用させていただきました)私のお気に入りポイントもたくさんあるので、そこもぜひ注目して見てみてください!

それでは、潜入していきます!

ゲストハウス無我について


女将さんによる無我の紹介は思わず見入ってしまう。

無我さんは、寝室・キッチンや洗面などのフロア・談話室と主に3つに分かれています。寝室・キッチンなどのフロアは繋がっていてL字型の平屋となっています。バスルームや洗濯機も併設されていました。
また日帰りやデイユースとしても利用出来ます。

寝室


先日宿泊した時に撮影した一枚。

こちらは朝に撮ったのですが、窓から朝日が一面に入り込みとても清々しい気分になりました。ロフトベットの眠り心地もバツグン、お庭を眺めながらのデスク作業もよくはかどりました。最高のリフレッシュタイムをありがとうございました。また是非とも泊まりたいです。

キッチンカウンター


海外のゲストハウスを彷彿するキッチン。

キッチンには冷蔵庫・電子レンジ・オーブン・炊飯器などが揃っていました。ガスや水道も自由に使ってOKだそうです。調理器具やお皿も置いています。普段と違う雰囲気の中で、料理ができるのは最高ですね!

洗面


洗面ボウルがとても可愛い。

こちらは洗面の様子です。朝、鏡を見るのにテンションが上がりませんか?自然と早起きしたくなっちゃいますね。一枚一枚手作りのハンドタオルも素敵です!

貸し出し・販売


宿主さんにも撮影協力していただきました。

ここで無我さんで貸し出し・販売しているものの紹介です。
▼貸し出し

【無料】

・WiFi

・キッチン調味料

・おいしい水

・シャンプー・コンディショナー・ボディソープ

・ドライヤー、ヘヤアイロン

・裁縫道具

・人生相談

【有料(レンタル)】

・バスタオル 50円

・自転車 500円/日

・駐車場 300円/一晩

・洗濯機 200円/回

・アイロン(衣類) 100円/回

▼販売


女将さん手作りのヘアゴムやブローチ(300円)


無我オリジナルポストカードも(100円)ひこにゃんタオルも発見(200円〜)


無我オリジナルTシャツ(2500円)

彦根屏風をもとにデザインされています。

手作りブローチは宿泊した記念にと個人的に購入させていただきました。何度見ても可愛いなあ。また欲しくなってしまいました。彦根屏風を取り入れたオリジナルTシャツは普段着にも良さげです。無我ならではのセンスを感じてしまいました。

談話室


談話室は築100年の古民家をそのまま使用。

以前宿泊した時は、ここで宿主さんと女将さんとでお話しをしてました。ゲストハウスをされての思い出(一時期インバウンドで外国人の方がめちゃくちゃ泊まられた!ことなど)や大変なこと(仕事とプライベートの境が難しいなど)を聞かせていただきました。お二人とも個性が光ってとっても面白かったです!

私のお気に入りポイント

お気に入りポイントはいっぱいあるのですが、やっぱり女将さんによる刺繍です。いたるところに刺繍がしてあって、ここにもあった!と見つけるのが楽しいです。無我さんには手作りのものがたくさんあって、あたたかい優しさが垣間見えます。

他にも・・・


ちなみに宿主さんは写真を撮るのが趣味です(ポートレート撮影もされています)

無我さん独自!滋賀県のおすすめスポットを写真に撮ってまとめたMAPもあ私のお気に入りです。洋食屋のスイスや伊吹山、沖島など滋賀の名所(風景)が貼っていました。この手作り感もまた素敵ですね。

駐車場

専用駐車場には平和堂銀座店から入っていきます。そこからの案内は無我さんがしてくださるので、それに従うようお願いいたします。お問い合わせは店舗情報欄に記載しました。

アクセス

近くには、スーパー(平和堂)やコンビニがあり買い出しに行くのにも便利です。また周辺には観光地(花しょうぶ通りなど)があり、彦根のまち並み散策も出来ます。

店舗情報

『ゲストハウス無我』
住所:〒522−0087 彦根市芹橋一丁目4-43
TEL:090-8571-5796(予約はお電話にて)
お支払い方法:現金
駐車場あり(一晩300円)

・ゲストハウス  3500円(個室)
・学割   2500円(個室)

・シェアハウス 25000円より(二週間)

・チェックイン  16時から20時まで
チェックアウト      10時まで

※現在は彦根市民限定の利用となっています。

潜入調査!他の記事

彦根市の古本屋『半月舎』のおすすめコーナー紹介!通販での利用もOK 彦根市のジーンズショップ『MOVE CLOTHING』にはひこにゃんのTシャツも販売! 彦根市のリサイクルショップ『アラジン』には昭和レトロなグッズが多数!

宿泊施設の関連記事

【彦根市】『本町宿』は民宿さながらの雰囲気を感じれる城下町の町家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です