彦根市の人気ラーメン店『チキン野郎』の絶品油まぜそばを家でも堪能する!

彦根のテイクアウトをご紹介。2回目は、『らーめんチキン野郎』のおうち麺です。

「今まで食べたラーメンで一番美味しい。」という感想を持ったことを、私は一生忘れません。チキン野郎のおうち麺は、以前にも一度食べたことがあります。その時の感想が、まさにそれでした。お店にもそこから行くようになり、なので私のチキン野郎の入りは、おうち麺から始まったということになります。

今回はそんな大絶賛のチキン野郎おうち麺シリーズ『油まぜ野郎』という、まぜそばをおうちで作りました。とっても簡単に出来上がりましたよ。早速、いただきます!

油まぜ野郎


【油まぜ野郎 ¥603(パリヤさんでの価格) 内容量300g(麺200g)】

たっぷりの背脂と、自家製醤油ダレを豪快にまぜるガッツリまぜそば。濃いめのタレと麺が絡み合って、やみつきな一杯に!残ったタレは〆ご飯に。


具をアップにして撮影。

具は、細切りの豚肉とメンマが入っています。その他のトッピングとして、卵黄・ネギ・もやし・刻みのり・家にあったチャーシューを自分流にのせてみました。

まぜまぜまぜ…


麺もアップにして撮影。

麺はけっこうモチモチした感じでした。食べ応えはそれはもう抜群です。背脂と濃いめのタレと麺が絡み合う味わいは、まさに最高!としか言い表せませんっ。

作り方


麺と具とタレが分かれて入っている。

作り方はいたって簡単。おうち麺は、冷凍した状態で売られているので、湯煎・茹でるだけで出来上がります。具は、豚肉とメンマのみ。あとはお好みで、野菜をプラスするのがおすすめです。以下の①〜④は、付属の作り方をもとに記載しています。

①準備するもの

盛り付け用の丼ぶり、タレ湯煎用の鍋と麺茹で用の鍋の両方にたっぷりの沸騰したお湯を用意します。

②湯煎

タレ湯煎用の鍋に、未開封の冷凍タレと具を袋のまま熱湯の中に入れ、6分ほど沸騰させて温めます。

③麺を茹でる

麺茹で用の沸騰した鍋に、袋から出した麺を投入します。麺をほぐしながらお好みの硬さまで6分〜6分30秒湯がきます。


左で麺を茹で、右でタレと具を湯煎中。

④盛り付け

用意しておいた丼ぶりに湯煎して温めたタレを注ぎます。茹で上がった麺をしっかり湯切りして器に盛り、よく混ぜます。最後にお好みのトッピングをしたら、完成!

感想

こんな本格派なまぜそばがおうちで食べれるなんて、ほんとありがとうございます!という感じでした。おうち麺シリーズを制覇してみたいです。本店がバージョンアップしたそうなので、お店にもまたぜひ行ってみたいと率直に思いました。

注文から受け取りまでの流れ(おうち麺を購入できる場所)

冷凍されている状態での購入なので店舗に注文ではなく、手に入れることができるお店まで伺い、そのままレジまで持っていきました。購入できる場所は、らーめんチキン野郎の店舗と彦根市にあるスーパーの『パリヤ』です。ちなみにパリヤさんでは、こんな風に売られていましたよ。


パリヤさんの冷凍売り場。

スーパーでも気軽に買えるなんて、とってもありがたいですよね。昼間に買いに行ったのですが、人気のようでけっこう減っていました。ミニのぼり旗が立っていたので、すぐに売り場が分かりました。

らーめんチキン野郎とは?


本店の外観。

らーめんチキン野郎は、彦根市に本店を構える濃厚鳥白湯専門店です。店名にちなんでらーめんも、“〜野郎”というネーミング名になっています。

今回紹介した『油まぜ野郎』の他にも、店舗でも人気の『こってり野郎』『あっさり野郎』『台湾まぜそば』がおうち麺として楽しめます。ネットでも買えるようなので、ぜひチェックしてみてください。


以前に店舗で食べた時の『こってり野郎』の写真

▼らーめんチキン野郎のネットショップ
https://chickenyarou.theshop.jp/

アクセス

らーめんチキン野郎本店は、国道8号線沿いにあります。以前はベルロード沿いにあった店舗が本店でしたが、eight店(現本店)と合体して、現在の場所にあります。

店舗情報

『らーめんチキン野郎 本店』
住所:彦根市東沼波町768
営業時間:平日11:00〜15:00 17:30〜22:30
土日祝11:00〜22:30(LOはいずれも22:00)
定休日:火曜日
TEL:0749-47-5582
お支払い方法:現金・PayPay・LINEPay
駐車場あり

 

▼らーめんチキン野郎の情報をチェック!
HP(ブログ)ネットショップInstagramTwitter

テイクアウト関連記事

彦根市の『やさいの里ニ番館』には滋賀の名産品やお惣菜が並んでいる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です