》》【ひこつ〜とは?】取材依頼のお店募集中!

彦根市商店街のセレクトショップ『TOCAKU(トカク)』は器や雑貨が集まるとにかく素敵な場所!

彦根市中央商店街にある『TOCAKU(トカク)』は、器や雑貨、日用品、洋服などを扱うセレクトショップです。以前は花しょうぶ通り近くにある「caro angero(カーロアンジェロ)」の2Fにお店がありましたが、現在は移転され、ここ中央商店街で営業されています。


TOCAKUの外観。

TOCAKUは大人な落ち着いた雰囲気の外観で、レトロな商店街とのバランスがまた素敵です。気になる店内は一体どんな感じなのでしょうか。早速潜入していきます!

店内の様子


店内の様子。

TOCAKUには、全国や地元の厳選されたアイテムが揃います。店内はスタイリッシュさを感じつつも木の温もりもあり、移転後は、より洗練された空間になったような気がしました。


店主さんおすすめの器。

店主さんに聞くと、おすすめとして器を紹介されていました。様々な作家さんが製作された器は、色や形が違い、洗練されたデザイン性のあるものもあります。私も以前、宮本めぐみさんが製作されたトルコブルーの器をここで購入しました。ひとつひとつの器にほどこされた模様が違うので、とても気に入っています。TOCAKUで器をご購入の際は、ぜひ自分のお気に入りを見つけてみてください。

雑貨・日用品


転んでも起き上がる可愛らしい置物。

それではまず、雑貨から見ていくことにしましょう。最初に気になったのは、ころんとしてて可愛らしい置物。これは転んでも起き上がる(時々、起き上がらない)、起き上がり小法師と言うようです。土粘土と和紙で、ひとつひとつ手作りで製作されているため、表情も楽しめます。種類は十二支や動物があって、自分で使うのはもちろんのこと、プレゼントにもGOOD!見てるだけでも癒されますよ。


和紙の風合いを生かした素材で作られた商品。

次にナオロンという素材で作られた商品を発見。ベージュの箱に入っているのは、そのナオロンで製作されたブックカバーです。ナオロンとは、和紙の風合いを生かした強度のある素材のこと。水にも強く濡れても破れることはありません。使っていくうちに、独特の風合いが生まれてきます。私も青色のブックカバーを持っていて、本を持って出掛ける時にすごく重宝しています。他にもティッシュボックスカバーや、ペンケース、コインケースなどの種類があります。


4cm角の樹脂の中にはドライフラワーが。

次にこちらの商品、お店に行ったことがある方は気になりませんでしたか。これは植物標本のようなドライフラワーのオブジェ。タンポポやデルフィニウム、ルナリアなどのドライフラワーが揃っています。こうした違った形でドライフラワーをお部屋に飾ってみるのもお洒落ですよね。


高島市の伝統工芸品「和ろうそく」

こちらは滋賀県高島市で作られている米ぬか100%のろうそく。高島市の和ろうそくは今もなお続く伝統工芸品です。においやススがとても少なく、食卓で使用するのもおすすめ。オブジェ的に置いておくのも。パッケージのデザインも可愛いんですよ。


カレースプーン、ティースプーン、デザートフォークなど種類もあります。

こちらは真鍮(しんちゅう)で作られたカトラリー。真鍮とは、銅と亜鉛を混ぜ合わせた合金のことを指し、別名は黄銅(こうどう、おうどう)とも呼ばれます。使えば使うほど、表面が酸化して独特の味わいが出てくるようです。こちらのスプーンでカレーを食べる姿を想像しましたが、やはりお洒落です。


日々の生活に取り入れたいスキンケア製品も。

TOCAKUにはボディソープなどのスキンケア製品も取り揃えがあり、シリーズとして置いてあるのが、「松山油脂」のMマークシリーズ(白のパッケージで青い四角のロゴのもの)です。Mマークシリーズは、ボディケア、ヘアケア、スキンケア、デイリーケアと、毎日の暮らしに欠かせないアイテムを揃えています。子どもから大人まで、みんなで心地よく使えるますよ。

ファッション


取材時は、冬物が揃っていました。

TOCAKUではさらに洋服の取り扱いもしていて、取材時は、冬物の洋服が店内に並んでいました。セーター、コート、マフラー、キャップ、ソックスなどなど。季節によって変化するので、その度に訪れるもありですね。シューズも置いているのが、個人的な発見でした。


履き心地の良いソックス。

ソックスは奈良県で生産されている「ROTOTO」や「saredo」などの取り扱いがありました。職人さんが作るこだわりのソックスをひとつ持っておくだけでも、気分が上がりますね。


このように洋服もずらり。

アクセサリー


小ぶりで可愛い大人なアクセサリーも。

耐熱ガラスメーカー「HARIO」が手がける大人可愛いアクセサリーも。円形のものや、アーチ状のもの、お花の形をしたものまで。動くと耳元で揺れるものも可愛いですよね。さりげなく取り入れることで、お洒落度もアップです。

TOCAKUとは


お話ありがとうございました。

お店の方に聞くと、『TACAKU(トカク)』とは日本語でいう「兎に角(とにかく)」という意味が込められているようです。また「あれこれ」という意味もあり、ご覧の通りTOCAKUには、とにかくあれこれ良いものがたくさん揃っていました。伝えきれなかったものもたくさんあるので、みなさんぜひTOCAKUに足を運んでみてください。器や洋服、雑貨、日用品など、全国や地元の厳選されたアイテムばかりです。

イベント(ゑびす講)


ゑびす講時お店の様子。

最後にイベントの様子も少し。ゑびす講の時には、POP UPとして「lilo」のダッチオーブンで作るシチューとおにぎり試食が店頭でされていました。実際の調理した出来上がりが体験できて、買おうか迷っていた方や、どの商品が良いか分からないといった方にもとても良い企画でした。

駐車場


栗田スポーツさんの横の路地。

駐車場はお店を正面に右に進み、栗田スポーツさんの横の路地に入っていきます。


蓮華寺さん。

進んでいくと、蓮華寺が見えてきます。


あともう少し。

蓮華寺さんの斜め前の駐車場スペースにTOCAKUの駐車場があります。


11番と12番です。

TOCAKUの駐車場は2台分あり、11番と12番に駐車してください。TOCAKUのインスダグラムにも分かりやすく載せられているので、そちらも参考にしてくださいね。

アクセス

TOCAKUがある中央町は、中央商店街があり昔からあるお店や新しいお店も並ぶエリアです。彦根名物のゑびす講も行われる場所となっています。

店舗情報

『TOCAKU』
住所:〒522−0063 彦根市中央町2-20 アサイビル1F
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日
電話番号: 0749-20-6919
お支払い方法:現金・クレジット・PayPay
駐車場あり(2台分)

 

▼TOCAKUの情報をチェック!
公式ホームページ(ネットショップ)Instagram

関連記事

彦根市の『中央商店街』は古さも新しさも感じれる散策におすすめエリア! 彦根名物『えびす講』は屋台やフリマなどが出店!イベントも盛り沢山開催!

中央商店街ほかのお店記事

彦根市にある古本屋『半月舎』の店内の様子やワクワクするイベントまで紹介! 彦根市のジーンズショップ『MOVE CLOTHING』にはひこにゃんのTシャツも販売! 彦根市商店街に『おんど』が新オープン!可愛い洋服やアクセサリーに心躍ります!

過去のお店記事

彦根市の『みんなの食堂』は、地域の優しさが循環して成り立つ未来型食堂 彦根市の本屋『MITTS FINE BOOK STORE』は可愛くてセンスが光る本や雑貨がたくさん! 『湖のスコーレ』の本や書籍はMITTS FINE BOOK STOREがセレクトを手がける!